目でわかる外壁の塗り替え時期の目安

家屋の壁や屋根には1次防水の塗装(コーティング)が施されています。そのコーティングの効果は種類によって様々ですが、一般的には10年前後が目安とされています。家屋の外壁や屋根のSOSの見逃さないポイントをここでは、ご紹介していき、「はじめての外壁塗装で心配だ」「本当に塗らないといけないの?」などの様々な不安を解消できるようにしたいと思います。

先ずは下記を参考にご自宅をチェックしてください。

屋根の説明

チョーキング現象

外壁のチョーキング現象

壁には防水効果のあるコーティング(塗膜)が表面に施されています。この防水効果は永久的にあるコーティングはなく、10年前後の目安です、左の画像のように、壁を指で擦って白い粉がついている場合は、防水効果の期限切れです。

このような状態をチョーキング現象と言います。

塗膜の膨れ

外壁の塗膜の膨れ

下地の壁と塗膜の密着不慮や、しっかり乾燥期間を置かない事で発生する場合もあります。また密着不慮を起こしている弾性の塗膜が強すぎて、だんだんと水が溜まり膨らんでいきます。

見た目も不快ですが、それだけ水が侵入している(雨漏れの心配がある)怖い現象です。

クラック(ひび割れ)

外壁のクラック・ひび割れ

外壁がモルタルの場合に多く、建物の揺れや、紫外線による劣化、乾燥による伸縮で起こるケースがほとんどです。表面にコーティング(塗膜)などを施している場合は紫外線によるクラックは緩和できます。

また一度割れた個所も樹脂モルタルや、シーリングで補修する事で、修繕できます。

苔、藻、黴の発生

コケ・藻・カビなどの発生

太陽が当たりずらい所などに多く発生する事があります。すでに防かび性などの耐候性の期限切で壁にカビや藻、苔が発生しています。直ぐに塗装しないと壁が腐るなどのケースは少ないですが、耐候性の期限が切れてきている始まり位にチェックしておくことが望ましいです。

コーキングの剥がれ、割れ

コーキングの剥がれ・割れ

 コーキングは壁と壁を繋ぐ箇所に施されていり、窓の周りや、家屋の貫通箇所に施されている物です。

コーキングの寿命は7年前後です。塗装がしていなく、裸のままの場合は、劣化しやすいので、確認しましょう。

また雨漏りのほとんどの原因が、この貫通箇所です。とにかく早めの補修が必要なので、要チェックです。

鉄部の錆び

鉄部のサビ

鉄部は外壁や屋根の塗装よりも傷みやすい傾向があります。また錆びてからの鉄部は再発しやすので、こまめに点検し、少しでも錆が出ていれば、部分的に塗装しましょう。

また錆は錆を誘発させます。錆びていない箇所に錆が付くと同じように錆びてきます。損害が大きくなる怖い現象です。

外壁塗装ご相談センターに相談
▲このページのトップに戻る