外壁塗装の施工の流れ

STEP1

仮設足場設置

仮設足場の設置

お客様からご用命頂き、契約書をかわし、近隣様への挨拶をします。そして日程を決め始めて、足場設置となります。足場は、作業性を高め安全性を高めるのに必要です。また高品質な施工をするには、足場の組み立て方ひとつで左右されるので、弊社ではプロの足場屋さんに依頼します。

STEP2

高圧洗浄

外壁塗装工事の高圧洗浄

長期に渡って雨風、太陽光から家を守っていた壁や屋根には、苔や黴、藻親油性の汚れが溜まっています。150kgの圧力で綺麗に洗います。ただしミクロ単位の汚れは落ちません。あくまでも1次下地処理なので、ピカピカにはなりません。

STEP3

下地処理

塗装前の外壁材の下地処理

壁や屋根にあるクラック(ひび割れ)などをシーリングや樹脂モルタルなどで埋めて補修します。またシーリングの打ち替えがある場合にも、一緒に施工します。いくら綺麗になっても、この2次下地処理をシッカリ施さなければ、塗替えをする意味がありません。塗ると見えない箇所だけに、手が抜けない作業です。また同時に付帯部のケレンや錆止めも施します。

STEP4

養生

養生の設置

塗らないところや汚れそうなところを、静電気防止処理されたビニールで覆います。またテープをピッタリ、サッシなどに貼ってしまうと、ビニールを剥した時に、一緒に塗料も剥がれてしまうので、少し塗らない対象物に塗り込む形で養生をするので、1ミリ2ミリはサッシを塗る形に養生をします。

STEP5

下塗り

外壁塗装の下塗り

これで下地処理が終わります。細かな巣穴や、ミクロ単位の落とせなかった汚れも下地処理で、止める事が出来ます。また中塗りとの密着効果を上げる意味もあるので、均一に塗る事が必要です。また同時期に軒天上の塗装も施します。

STEP6

中塗り

いよいよお客様の選ばれた塗料で色を確認できます、中塗りをたっぷり塗りすぎても硬化不慮の原因になります。また少なすぎても、仕上げ塗りが透けて見えたり、ムラに見えたりするので、均一に塗る事が必要です。中塗りではムラが見えたりしていても平気です。

STEP7

仕上げ塗り

外壁塗装の上塗り

外壁の最後の仕上げ塗りです。ムラや細かい塗り残しに注意し、入念に作業をします。また色を分けて塗る場合にも、綺麗に境界を仕上げていきます。内装で鍛えた弊社のきめ細やかさが最大限活きてくる作業でもあります。

STEP8

養生ばらし

仕上がりを確認し、大部分のムラや塗り残しを確認に被塗装物に施した養生をばらしていきます。適当にばらすのではなく、養生と壁の接点の部に気を使い、ばらしながらチェックを入れます。ばらした後にさらに、完成度を高めます。

STEP9

付帯部の仕上げ

付帯部の塗装工事

付帯部とは外壁に付属している部分で、ステンレスや焼き付け塗装、塗れない箇所以外の塗装です。主に破風板、雨樋、水切りです。雨戸や戸袋などは、基本オプションになります。付帯部の塗装は標準ウレタン仕様が主流ですが、埼玉外壁ご相談センターでは、同じ価格でフッ素塗料を標準仕様のサービスで施工しています。

STEP10

完成お引渡し

外壁塗装の施工完了後

サッシの取り合いなどの補修や掃除などの手直しをし完了です。足場を解体し最終的な清掃をし、お引渡しとなります。また工事完了日から保証が始まります。保証書は工事代金入金後に直接お渡しさせて頂きますので大切に保管してくださいませ。

外壁塗装ご相談センターに相談
▲このページのトップに戻る