外壁塗装の適正価格!中間マージンを知ろう

中間マージンのシステム

外壁塗装や屋根塗装工事に限らず家屋のリフォーム、メンテナンス工事をする時には、中間業者によるマージンが発生している場合が殆どです。ここでは、中間マージンについて必要な知識をご紹介し適正価格での工事が出来るよう取り組みたいと思います。

日本には昔から重層下請け制度といものがあります。

わかりやすく説明すると下記のような仕組みです

買い手がいて、売り手がいますが、売り手は、自分の会社で生産するのではなく工場などに依頼し生産物を作ったりします。買い手と生産者の間にいるのが、売り手である中間業者です。

重層下請け制度

施主様≫元請(売り主)≫下請け(生産者)≫下請け(生産者)・・・

このような風習は物を作る知識や知恵を元請と生産者で共有し得意不得意を補う事としては、正しい制度だと言えるでしょう。

しかし、なぜ当たり前の仕組みが一般住宅では悪く言われるようになったのでしょうか・・・?

それは知識を知恵もない人間が、お金儲けの為だけに間に入る、ブローカーの存在です。

ブローカーは何もせづ、何の責任も負わず、工事金額の数十%もの金額を要求、抜いていきます。

このような仕打ちを受けていた塗装店は数多くいます。

それなら大手住宅メーカーや工務店、リフォーム店はどうなの?

たしかに優良な会社が殆どだと思いますが、餅屋は餅屋と言う言葉があるように。外壁塗装や屋根塗装は塗装工事の業種で御座います。
また塗装店の多くは、リフォーム工事を行っている会社も存在するので、家屋のメンテナンスは塗装店に任せるとよいでしょう。また、どうしても、会社を維持し続けるには利益が必要です。間に入る会社が多ければ多いいほど、工事金額は高くなるでしょうし、金額にあった適正な工事の品質は保てないでしょう。

一括見積サイトなどのポータルサイトの存在

ポータルサイトとは塗装屋でもなければ、建築屋でもない会社が運営している、簡単に言えば、お客様を集める集客サイトです。

全てのサイトではありませんが、殆どが、IT会社などが運営しているようです。

また中間業者などを悪く書いていますが中間マージンをしっかり取っているサイトまであるみたいです。

運営費は塗装屋がサイトに掲載するために払う、広告掲載料や月額料を払っている場合や塗装工事を受注した場合なども何十%の中間マージンを取るサイトもあるようです。

一括見積もりサイトだから中間マージンがないように見えますが、根は深いですね・・・

外壁塗装ご相談センターに相談
▲このページのトップに戻る